スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ランキングに参加しています→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

治療と信頼関係

2009.02.13(11:41)
この間、治療の感覚の話に数人から反応があって、とても嬉しかったので、また治療の話を書いてみます。
そもそも感覚の話がしたくて初めたブログなんだよね。

さて、治療をする上で一番大事なのは、施術者と患者さんの信頼関係です。
こちらを信用して心を開いてくれないと、やはり効きが悪いです。
それと、本当に心から治療が受けたいという気持ちがないと、これも効果は薄いです。

これは、プラセボとかいう問題ではなく、実際問題として、そうなのです。

実際に、気が進まないのに治療を受けているのは、こちらにもすぐ伝わります。
なんていうか、すっごくやりにくいのです。

治療の効果もなかなか出なくて、通り(つまってるのが取れてスーッとなる)も悪いし、なんともいえない拒絶感が伝わってきたりもします。
打っても響かず、まさに暖簾に腕押し状態です。

昔、紹介で来られた患者さんで、鍼をやったんだけど、なんかやりにくいな~とは思いながら、一応大丈夫か確認をしながら治療をしていたことがあった。
で、治療も中盤に来て、後頭部の下辺りに鍼を刺そうとしたら、私の手が、いきなり、まるでアルコール依存症かのように、大きくブルブルと震え出してしまい、鍼が打てなくなってしまった。
おかしいな~と思ったら、患者さんから、怖々と「頭は勘弁して下さい。」と言われた。
どうやら、鍼が怖くて嫌だったらしいのだが、紹介された手前、言えなかったらしい。

しょうがないので、マッサージに切り替えて、治療をした。
良くなったから良かったけど、我ながらビックリした。
当初は訳が分からず、自分の手がどうにかなってしまったのかと思った。

患者さんの気持ちの状態が、何故だかこちらにも伝わるのである。

うちの旦那にも鍼をしていて、やはり治療をしていておかしいと思って聞いてみたら、鍼はあまり好きじゃないと言う。
以来、旦那にはマッサージをしている。

反対に、信頼して身を任せてもらえると、とてもやりやすく、気持ちの良い空間が生まれ、体にも気持ち良いものが流れやすくなる。

という訳で、皆さんもどこかで治療を受ける際は、まずは相手のことをとりあえず信頼してみましょう。
で、もし治療を受けて、合わないとか不信感があったなら、効果は出にくいので、そこは行くのは止めた方がいいと思います。
何度か行っているうちに信頼感が芽生える場合もあるので、余程合わない場合でない限り、まぁ大体三回ぐらいは行ってみて、様子を見てみたらいかがかと思います。
☆ランキングに参加しています→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ

<<感覚の世界と自閉症スペクトラム | ホームへ | 私にとって快適な職場環境>>
コメント
出直してきました~(笑)
もけさん更新はやーい!
昨日の記事に触発されて思考が「あれやこれや」とぐるぐるしながらコメントしに来たら...「きゃーまた新しい記事が~」で思考がまたぐーるぐると(爆)

上の記事も気になるのだけど、やっぱ治療の感覚にリアクションした者としてこちらを先に~(^^;
前の治療の感覚(つまってるってやつ)も、うんうんって感じだったけど、今回のもすっごくわかります。私はキネシオロジーって手法を使ったセラピーを行った時に似たような感じになったことがあります。相手が疑心暗鬼だった場合、手を取った瞬間に「ガツン」って感じに腕に痛みみたいのが走ります。それが言葉に変換されると「心にでかい壁があるな」って感じです。こういうのって「思考のエネルギー」みたいのを感じてるという事なんでしょうか...

単なる妄想?と思ったこともありますが、うちの末っ子ワンコがてんかんもってて、彼が発作を起こす前に「怖い」って感じていて、それがわかるんですね。←始まる前に発作がわかる。別の部屋にいて彼を見ていなくても脳に響いてくる感じで...これって事実に結びついてるので妄想と片付けられないし、だとすると人の何かを感じるのも本当に感じてるんだろうなぁと。

最近ふと考えたのが、発達障害(脳機能障害)で脳が先祖返り?というかそんな状態に近かったりしてと。ADHDの説明なんかで「直感」が鋭いっていうありますよね?文明を持たない頃の人間って、今よりもはるかに直感が働いて言葉がなくても相手の気持ちを読み取る(テレパシーみたいな)能力に優れていたのじゃないかなと。脳機能障害って、まぁ脳の欠陥とも言えるのかもしれないけど、それが原因でそいうう時代の特徴が出たというか戻ったというか...うーん思考がぐるぐるしてうまく言葉に出来なくてすみませーん。おまけに長文だし(^_^;

【2009/02/13 16:11】 | 風子 | [edit]
>風子さん
こんばんは!
コメントありがとうございます(´ー`)

更新早くてすみません(笑)
ってか、さっきまた長いの書いちゃいました!
今日は電車に2時間ぐらい乗っていたので、ついついまた書いてしまいましたよ。

てか、風子さんのコメントのぐーるぐるっていうの笑っちゃいました(笑)

いや~また治療の感覚に共感してもらって、コメント頂けて嬉しいです。
とても、参考になります。

キネシオロジーというのは知りませんでした。
今度調べてみます。

「ガツン」って腕に痛みみたいなのが走るというのは面白いですね。
嫌~なのが溜まっていると、手が痛くなったりはしますけど。
そういうのはよくある話みたいで、周りでも聞いたりしましたね。
てか、「心にでかい壁がある」という感じはよく分かります!

しかし、この感覚は、私も何だかよく分からず、判断に困っている面がありますね。
心と体はリンクしやすいので、もしかしたら体に何かしら影響が表れているのかもしれません。
それを、電気信号みたいな形で感じているのかも。

てんかん発作を起こす前に分かるというのも面白いですよね。
これは、ちょっと何故なのか推測し辛いですよね~。
ADHDの特徴に、確かに「直感が鋭い」みたいなのはありますけど、そういう類いなのかなぁ。
(てか、直感という言葉の定義がなんだか曖昧で分かりにくいけど。)
今度考えてみようかな。
(考えるのが好きなんです(笑))

私は、手の触覚が過敏なのと、先程も話した電気みたいなのを感じやすいのかと、考えていました。
体の中には、電気が流れているから、それを感じているのではないかと。
ちなみに、その場所の磁場みたいなのも感じたりします。

風子さんの見解も面白くて、興味深いです。
脳の機能は分かっていない面がまだ沢山あって、普段使われていない能力もあるので、その辺の能力に個人差はあるかもしれません。

ただ、やはりトンデモ科学やオカルトちっくに考えてしまうのは、なるべく避けようとは思っています。
科学的に説明出来ない事例があっても、不思議ではないんですけどね。

本当に検証しようとしても、素人には大変だし、まぁちょっとした楽しみとして楽しむ分にはいいですよね(´з`)♪

あ、長文でも全く構いませんよ~。
って私も長文だし(笑)
【2009/02/13 20:41】 | もけ | [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/02/14 01:25】 | | [edit]
>コメントをくれた方へ
タイトルはいつも管理人のみ閲覧のコメントをくれた方には、このようにしているだけなので、気にしないで下さい。
(実は、普通は名前を出すものなのかどうか、ブログ事情が分かっておらず、判断しかねています。名前を出した方が良い場合は、おっしゃって下さい。)

興味深い話をありがとうございます。
とても参考になります。
本当に有り難いです。

私も患者さんの心の問題には気をつけているのですが(これは治り具合に本当に影響がありますね)、私のキャラクターはカウンセリング向きではないので、もっぱら頭のマッサージでモヤモヤを抜くようにしています。
頭をマッサージすると、頭に溜まっていたストレスが、結構抜けるんですよ。
こういうところからも、心と体のリンク性を感じます。
(これ、改めてまた書こうかな。)

治療家の中で、手に色々と伝わってくるとおっしゃる方は、割合と見掛けたりもします。
私も感覚が繊細というか、過敏なのだろうと考えています。
体の中の電気信号などを感じやすいのではないか、と。

あと、うまく言えないのですが、私の場合、普段の感覚の世界の影響も大きくて、治療中は、この感覚の世界に入り込めるので、とても楽しいのです。
この感覚の世界(うまく言えない~)は、発達障害が関係しているのかな~と、考えていたのでした。
でも、やっぱり関係ないのかもしれませんね。

ただ、単に何か感性みたいなものが敏感だということなのかもしれません。
また、何か気付いたことなどありましたら、教えて下さると有り難いです。

あと、お気持ちありがとうございます。
嬉しかったです(´ー`)

私達は多少タイプは違うように思いますが、お話出来て嬉しく思っています。
私はあまり気にしない性格なので、私にあまり気遣いはしなくても大丈夫です。
私がもし何か失礼をしてしまっていたら、どうぞその時は遠慮なくおっしゃって下さいませ。
【2009/02/14 13:05】 | もけ | [edit]
考えるの
私も好きです~。でも考え過ぎて疲れてけっきょく考えがまとまらないってパターンばかりですが(^^; もうひとつ、もけさんの考える材料を...事情があって自分とこには書けないことなんですが...

ある休みの日、朝からすっごく胸騒ぎがして何というか「すごく嫌なもの。怖いものがやってくる」みたいな。その日見た夢は楽しい系だったのでそのせいでもないだろうしなんだろう...って思いながら何とか違うこと考えようと漫画読んだりして...「ピンポーン」って家のチャイムが鳴った瞬間「あ、朝から感じてた何かが来た」って直感して、出たら宅配業者が手に箱を...

きゃぁ。。。中に生首がぁぁ入ってたわけではないけど(^^; 私にとってhそれに近く、箱をテーブルにおいて約1時間ほどフリーズしてしまうものでした(詳細は書けないのですみません)

こういうのって、昔からの言い方だと「虫の知らせ」とか言いますよね。「直感が働いた」とか。でも、もけさんが書いていたように直感って確かに曖昧な言葉だし、でもじゃぁ何だろう?と、思い出すとひたすら考えちゃうんですよ。

って、あれ?もけさんに聞いてみたいことがあったのに。。。。関係ないこと書いてたら忘れてしまったv-12思い出したらまた来まーす(爆)
【2009/02/14 19:29】 | 風子 | [edit]
>風子さん
こんばんは!
コメントありがとうございます。

風子さんのコメント面白いですね~(´▽`*)

私も考えがまとまらないことは、しょっちゅうです。
途中で、面倒臭くなって、もーいーや!ってなったりします(笑)
あとは、寝てる間に脳がまとめてくれることに期待をして、寝ます。
(脳は寝ている間に勝手に情報整理をしてくれるので。)

虫の知らせの話は、詳細が分からないので、何とも言えない面もありますが、科学的に説明をしようと思えば、出来る面もあります。
話すと長くなりそうですが、そういうことを科学的に解明しようとする試みは割とあるので、一応説明も出来たりはします。
ただ、風子さんの体験が、そのような説明が出来るものなのかは、私には分からないし、なんとも言えないですよね。
あ、ちなみに、私は科学を盲目的に信じたりもしていません。
なんか、すぐ疑ってしまうというか、昔から何事にも懐疑的なところが割とあるのです。

というか、私も忘れっぽいので、忘れたという話にちょっと笑ってしまいました。
和ませて頂きありがとうございます(笑)
【2009/02/14 22:11】 | もけ | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://soramimoke.blog65.fc2.com/tb.php/53-438e09bd
| ホームへ |
プロフィール

空海もけ(そらみもけ)

Author:空海もけ(そらみもけ)
ADHDの鍼灸師。面倒臭がり屋でふざけるのが大好き。着ぐるみ脱ぎました。
(詳しくはカテゴリーのプロフィール欄を参照。)

もち
・もち
もけの夫。
背が高くてよく食べる。
お煎餅が大好き。

ゲコ
・ゲコ
近くの川に住む蛙。
よく合いの手を入れる。
留守番もしてくれる。

ポンチン
・ポンチン
もけが実家で飼っているマルチーズ犬。
(本当はふわふわモコモコ。)
一緒に住んでいないが何故か登場する。

※漫画の内容は、事実を元に多少脚色してあります。

blogram投票ボタン
ちょいとblogramというものに参加してみました。
ランキングに絡めて、ブログのみどころや成分を紹介してくれるそうです。
上のバナーをクリックして下さると、投票されて紹介内容が見られます。
下のはブログの記事内容によって、謎の生物が変わるそうです。

最新コメント
カテゴリー
検索フォーム

掲示板

『ハイパー☆掲示板』
ハイパー☆掲示板

ほとばしる思いをぶつける場所☆
(お気楽極楽にお使いください♪)

メールフォーム

建設的な意見大歓迎!
メールはこちらまでどうぞ
(下の画像をクリックするとメールフォームが開きます。)
メールフォーム

※公序良俗に反するもの、各種相談などは受け付け兼ねます。また、必ず返信が出来るとも限りませんので、併せてご了承下さいませ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。