スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ランキングに参加しています→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

診断名に囚われない

2009.02.10(17:24)
私はADHDと診断をされているが、広汎性発達障害の疑いも指摘されており、もしかしたらもしかして、違う医療機関の違う医師に診察を受けたら、ADHD傾向のあるアスペルガー症候群とか特定不能の広汎性発達障害だと診断をされる可能性もあるかもしれない。
(臨床心理士さんにもその可能性を指摘された。)
成人の診断は、正確な幼少期の様子を直接に観察出来る訳でもなく、資料も少なかったりするので、難しい面もあるだろう。
(幼少期であっても難しいだろうとは思うが。)

ちなみに、私は子供の頃は今と性格などが大分違っていた。
以前にも触れたが、幼稚園や小学校低学年まで、私は同級生と交わることもなく、友達が一人もいなかった。
小学生の頃、同級生に根暗と陰口を言われたこともある。(とても嫌だった。)
中学生の頃など、休み時間はいつも更衣室で一人で時間を潰していたこともあった。
昔は家でもイライラして、機嫌が悪かったり、皆で出掛ける時も一人で家に残ったりしていた。(今はそういうことはない。ただ、家など内輪ではふざけたりとか割合明るい面もあって、今のような要素もあった。要は外に出ている割合、かな。)

段々と変わっていき、割合社交的で明るい感じの、今のような人間になったのは、20代中頃ぐらいからだ。
それは、様々な体験や、意識して自分を変えようとし続けたこと、また元々持っていた性質の影響も大きいのだと思う。
(性格は変えられるという見解の心理学があるが、私は実体験からもそれはある程度可能だと思っている。)

まぁ、私の性格とかは別にどうでもいいんだけどさ(笑)、もしかしたら違う診断名になる可能性もあるのかもしれないが、自分としては診断名には特にこだわっていないので、他の医療機関に行くつもりもないし、これで満足している。
自分は、自称するのが嫌だっただけで、専門家から客観的に見て、発達障害である可能性が有るのか無いのかが知りたかっただけだから。

発達障害の症状は、発達障害ではなくても当てはまるものも多いので、やはりちゃんと専門家の意見を聞きたかったのだ。
また、診断をされてから本を見ていて知ったが、ADHDと広汎性発達障害の特徴は、似ているものも結構多い。

違う診断名であっても、困っている症状によっては、その症状に合った対策を参考にすることは、大いに有効だと思う。

そもそも、私の中で、発達障害というものの存在は、あまり大きなものではない。
引き出しでいうと、真ん中辺りか、もっと下の方になる。
何故かというと、私という人間は、「発達障害」そのものではないからだ。

例えば、アスペルガー症候群の人を見た時に、私はその人の障害名を見ている訳ではない。
私は、その人の人間性を見る。

障害名は、その人の一部の特徴を示しているだけで、その人の全てを表している訳ではないと思うのだ。

また、発達障害の特徴を全て備えていて、本の通りである人なんて滅多にいないと思うし、私はその人に向き合う時、障害を考慮はするが、障害だけを見たりはしない。
それぞれ、性格も能力も環境も全く違うのだから。

障害名は一部の特徴を示しているに過ぎない、だからこそ、障害名に囚われることはない、と私は考える。

本来、診断されたことを生かさなくては、診断をされた意味がないのではないか。
以前にも触れたが、診断名を対策などに使用するのは良いと思うのだが、あまり必要以上に気にし過ぎても良いことはないような気がする。
診断されたメリットを重視するべきで、デメリットだけを重視してしまっては本末転倒だ。

人は誰しも成長する可能性を持っている。
歩みは遅くとも、少しでも成長出来るものだと私は信じている。
そして、努力をする過程がとても大事だと思うのだ。
障害だからと初めから諦めてしまうことのないように、診断名に囚われることなく、対策を練りながら、私は自分の可能性を信じてみたいと思う。
何も完璧を目指す必要は全くなく、少しでも上手く出来たり、気持ちが楽になれたら、良いだろうと思うのだ。
やはり、視点はいつだって一つではないと常々思うのである。

余談だが、発達障害をよく知らない定型発達者にとっては、診断名はさほど意味のないものに聞こえることも多いだろう。
だが、そんなものだと私は思っている。

あ、それと自分は割といい加減な人間なので、そんな厳密に努力してる訳ではありません(笑)
適当に頑張るのが好きです(´ー`)

追記:あ!これはあくまでも私個人の考えであって、誰かを想定している訳でも、誰かに考えを押し付けているつもりも、全くありません。
単なる一個人の見解として、適当に読んで下さると有り難いです。
☆ランキングに参加しています→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ

<<出来ないものは出来ない! | ホームへ | 光の粒になる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://soramimoke.blog65.fc2.com/tb.php/47-dfeea6b9
| ホームへ |
プロフィール

空海もけ(そらみもけ)

Author:空海もけ(そらみもけ)
ADHDの鍼灸師。面倒臭がり屋でふざけるのが大好き。着ぐるみ脱ぎました。
(詳しくはカテゴリーのプロフィール欄を参照。)

もち
・もち
もけの夫。
背が高くてよく食べる。
お煎餅が大好き。

ゲコ
・ゲコ
近くの川に住む蛙。
よく合いの手を入れる。
留守番もしてくれる。

ポンチン
・ポンチン
もけが実家で飼っているマルチーズ犬。
(本当はふわふわモコモコ。)
一緒に住んでいないが何故か登場する。

※漫画の内容は、事実を元に多少脚色してあります。

blogram投票ボタン
ちょいとblogramというものに参加してみました。
ランキングに絡めて、ブログのみどころや成分を紹介してくれるそうです。
上のバナーをクリックして下さると、投票されて紹介内容が見られます。
下のはブログの記事内容によって、謎の生物が変わるそうです。

最新コメント
カテゴリー
検索フォーム

掲示板

『ハイパー☆掲示板』
ハイパー☆掲示板

ほとばしる思いをぶつける場所☆
(お気楽極楽にお使いください♪)

メールフォーム

建設的な意見大歓迎!
メールはこちらまでどうぞ
(下の画像をクリックするとメールフォームが開きます。)
メールフォーム

※公序良俗に反するもの、各種相談などは受け付け兼ねます。また、必ず返信が出来るとも限りませんので、併せてご了承下さいませ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。