スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ランキングに参加しています→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

自閉症とSAMについて

2009.01.28(14:05)
サイモン・バロン=コーエンは、心を読むためのメカニズムとして
 意図検出器(Intentionality Detector:ID)
 視線検出器(Eye-Direction Detector:EDD)
 注意共有の機構(Shared-Attention Mechanism:SAM)
 心の理論の機構(Theory-of-Mind Mechanism:ToMM)
という4つの機構を提案している。

<ID>・・・物事から意図や欲求を読み取る。(9ヶ月ごろまでに発達。)
<EDD>・・・目に似た刺激を検出し、視線がどこを向き、何を指しているのかを読み取る。(生後まもなく。)
<SAM>・・・それらを統合して、行為者と対象と自己の間に構築されている関係を理解する。(三項関係の理解:定型発達児では1歳ごろに発達。)
<ToMM>・・・それを認識可能な“心の状態”として翻訳するという機能。(定型発達児では3、4歳で発達。)

そして、自閉症者は、IDやEDDを正常に持っていながら、大半はSAM、そして少なくともToMMに障害を持っていると結論付けている。

EDDは、主体者と標的の関係を理解するために必要なもの。
IDは、物体や生物を、それ自身の持つ欲求や目的などの心的状態と関連付けて理解するためのもの。
そしてSAMは、他者と対象、そして自分といった三項関係を理解するための機構であり、ToMM(心の理論)へのインプットとして必要不可欠なものである。
IDだけでは二項関係の理解のみとなり、SAMによって初めて、対象を通じて、自分と他者の違いを推論に考慮する必要性が出てくるのである。

詳しく説明をすると、自分と相手との関係を「二項関係」といい、たとえば「母親が子供を見る・子供が母親に見られる」「子供が母親を見る・母親が子供に見られる」といった、1対1の関係のことを指す。
「三項関係」とは、この1対1の関係に対象物が加わったものである。
たとえば、子供は母親の目の方向で何を見ているかを理解する。
1才頃になると、子供は母親が対象物を見ているかどうかを観察し、そしてその対象物と母親がどのように関わっているのかを見るのである。
対象物に意味があるのではなく、人の行為の中に意味があるということを知るのである。

たとえば対象物が鉛筆の場合、物体である鉛筆自体は、木で作られた棒状の物というだけで、それ自体に意味はない。
人の行為(鉛筆で物を書く)の中に、意味があるのである。

このような関係性に関心を持たない場合、「三項関係」は成立しにくい。
つまり、対象物は見えているが、人と対象物との関わり方を見ていないと、対象物の持つ意味を獲得することができないのだ。

そして、それまでの子供と母親だけの閉じた二項関係から、外側の対象を含めた三項関係へと変化をしていくなかで、他者の心を推しはかる心の理論が前駆体として現れていると考えられている。

つまり、SAMがうまく機能していないということは、ToMMもうまく機能しないということであり、他者の心的状況(信念、欲求、意図など)を推測出来ない、また、それ故に他者の行動を予測することも出来ないということになる。
ただ、他者が異なる視点を持っていることや、他者が独自の欲求を持っていて、それらが言動の起因になっているということが分かるのみである。

他者の信念を理解するというのは、前回述べたメタ表象を理解することにつながっている。

心の理論というのは、定型発達の場合は、4歳児ぐらいで合格するのだが、それ以前の子供が何故合格出来ないかというと、自分の思考(心)を正しく把握出来ていないからである。
(自己概念がまだ発達途中のため。)
つまり、自分の心的状態を帰属出来ないと、他者の心的状態も帰属出来ないということだ。

言い換えれば、自分の気持ちを概念化出来ず、個々の事象もそれぞれ違うものとして認識してしまい、大まかに抽象化をしてラベル分けをすることが出来ない。
自分の状態が自分で把握しにくい。
簡単に言うと、自分が今、楽しいのか、疲れているのか、悲しいのか、どのカテゴリーに入るのかが分からないということだ。

(→次回の「自閉症とセントラルコヒーレンス」に続く)

☆ランキングに参加しています→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ

<<自閉症とセントラルコヒーレンス | ホームへ | 自閉症とメタ表象>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://soramimoke.blog65.fc2.com/tb.php/34-2afde592
| ホームへ |
プロフィール

空海もけ(そらみもけ)

Author:空海もけ(そらみもけ)
ADHDの鍼灸師。面倒臭がり屋でふざけるのが大好き。着ぐるみ脱ぎました。
(詳しくはカテゴリーのプロフィール欄を参照。)

もち
・もち
もけの夫。
背が高くてよく食べる。
お煎餅が大好き。

ゲコ
・ゲコ
近くの川に住む蛙。
よく合いの手を入れる。
留守番もしてくれる。

ポンチン
・ポンチン
もけが実家で飼っているマルチーズ犬。
(本当はふわふわモコモコ。)
一緒に住んでいないが何故か登場する。

※漫画の内容は、事実を元に多少脚色してあります。

blogram投票ボタン
ちょいとblogramというものに参加してみました。
ランキングに絡めて、ブログのみどころや成分を紹介してくれるそうです。
上のバナーをクリックして下さると、投票されて紹介内容が見られます。
下のはブログの記事内容によって、謎の生物が変わるそうです。

最新コメント
カテゴリー
検索フォーム

掲示板

『ハイパー☆掲示板』
ハイパー☆掲示板

ほとばしる思いをぶつける場所☆
(お気楽極楽にお使いください♪)

メールフォーム

建設的な意見大歓迎!
メールはこちらまでどうぞ
(下の画像をクリックするとメールフォームが開きます。)
メールフォーム

※公序良俗に反するもの、各種相談などは受け付け兼ねます。また、必ず返信が出来るとも限りませんので、併せてご了承下さいませ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。