スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ランキングに参加しています→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

人と比べている限り幸せにはなれない

2009.01.21(22:53)
また説法かよ!?って自分でツッコミ入れたいとこなんだけど、思い出しついでに、中学生時代に自分が考えていたことを書いておこうと思う。
長文や、こういう話が説教臭いと感じて苦手な方は、読まないことをお勧めします。
(てか、長文嫌いな人は見ただけで読まないね。)
ちなみに、自分でも、過剰な自意識を感じてモゾモゾはします(笑)
なんだかね・・・。
ま、いっか(笑)

発達障害と診断される人にはよくある話かもしれないけど、私も物心ついた頃には、周囲との違和感を多少感じていた。
別に自分が変わっているとか思っていた訳ではなく、どうも興味のあることが皆と違うな、と感じていた。
自分がやりたいことや、好きなことが、微妙に周りと違っていた訳だ。
なんだか価値観が合わないのだ。

中学生の頃、友達と話が合わないし、大人は理解してくれないし、かなり絶望感を味わったりしてたなぁ。
(まだまだ若かったからねぇ。)
自分は思考が哲学的なんだと思って、周りの浅はかな大人達を心の中で馬鹿にしたりしていた。
(当時の私には、浅はかに見えたのです。)
その頃の私を救ってくれたのは本なんだけど、その話はまた別の機会に・・・。

でも、友達付き合いをするにはそうも言ってられないから、興味のないことでも興味のあるフリをしたり、勉強したりする訳だ。
そこで、私は私の道を一人でも行くんだ!という程私は強くなかった(笑)

でもさぁ、結局合わせようと努力しても偽装な訳だから、疲れるし、すごいコンプレックスがあったね。
与えられた価値観に何の疑いも持たずに生きてる人達に対して、心の中で馬鹿にしている面もありながら、ちょっと羨ましかった。

その価値観という物差しで計ると、自分はとても駄目な人間に思えたから。

・・・と、話が脱線するけれど、私は、皆知らず知らずのうちに、騙されているのだと思っていた。
生まれてからずっと、周りから自然に刷り込まれる既製の価値観を、何の疑いも持たずに受け入れることが出来るなんて、私には無理だったから、物凄いことに思えたし、逆に真実に気付かせない為に、目の前におもちゃのようなもの(価値観)をあてがわれていて、皆それに騙されているのだと思ったりしていた。
(価値観なんて時代や文化で変わるんだけどね。)

それか、みんな不安だから何かになりたがっているのかと思った。
それが「いわゆる女の子」とか「不良」とか、そういうカテゴリー分けされたものであり、そういうものに自分を当てはめることによって、自分の存在意義を保てたり、仲間意識を持てるのかと思っていた。
「不良」って何故かみんな同じような恰好をするじゃない。
正体不明な不安定な存在より、ブランドを着れば安心感を得られるんだろうなって。
中学生の私はそんなことを毎日考えていた。
(てか、不良って死後ですかね(笑))
まぁカテゴライズされたい心理ってどこでも見受けられるよね。

話を戻すけど、所詮、周りと比べてても意味がないんだな、とそのうち気付く訳です。
隣の芝生は青く感じるというように、比較するということは、比べる対象や意識によってかなり解釈に差が出る訳です。

例えば、自分が理想とする状況と、それに至らない今の自分の状況を比較すれば、きっと嫌な気分になるでしょう。
でも、たとえその理想に届いたとしても、更なる高い理想と比較すれば、満たされることもないでしょう。

これは何も、低いものと比較をして、自己満足せよ、って話ではない。
たとえば、恵まれない人々と比較して自分が恵まれている状態を自覚せよ、と言いたい訳ではない。

常に何かと比べていると、キリがないということだ。
上には上がいるし、下には下がいる。

比較するということは、自分の立ち位置や、自分の特徴が分かるという利点もあるが、それを幸福や自分の価値判断の基準にしていては、真から満足出来ることはないんじゃないかっていう話です。

う~ん、うまく言えないな(笑)

この考えは、当時読んだ本の影響もあって、大富豪だった人が孤独に死んだっていう話とか、生れつき難病で寝たきりでも、自分に出来ることをして満たされた日々を送っている人の話とか、考えさせられるものがあった。

いや、今更こんな話をして、多分大多数の人は、そんなの常識的に知ってるよってなると思うんだけど、結構無意識に周りと比べて一喜一憂してるのってよくあるしさ。
さっき書いたように、比較対象や意識によって大分差が出るから、社会での立ち居値を把握したり、成長した証に使ったりするのはいいと思うんだけど、自分の幸せや価値を他人との比較だけから感じ取るのもどうかな、と思った訳です。
あの人と比べて私は○○だから駄目だ・・・とばかりやってたら、幸福からは遠ざかるのではないかと思った訳です。
そんなことばっかやってると、他人の不幸もとっておきの蜜の味になりそうだし(笑)

てか、こういう話をしていると、じゃあ「幸福」とか「価値」ってそもそも何なのさ?となってしまうんだけど、長くなるのでまた割愛(笑)
あと、私の文章は脳内垂れ流しなので、ほんと長くて読みにくいと思いますが、こう書くのが性に合っていて、あまり推敲ばかりしているとキリのない世界に突入してしまったりするし、何せ我慢が苦手(衝動が強い)もので、申し訳ないのですが、ある程度は好きなようにやらせて頂こうと思います。m(._.)m
☆ランキングに参加しています→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ

<<診断の功罪 | ホームへ | 最終的には自分が頑張るしかない>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://soramimoke.blog65.fc2.com/tb.php/24-6e618514
| ホームへ |
プロフィール

空海もけ(そらみもけ)

Author:空海もけ(そらみもけ)
ADHDの鍼灸師。面倒臭がり屋でふざけるのが大好き。着ぐるみ脱ぎました。
(詳しくはカテゴリーのプロフィール欄を参照。)

もち
・もち
もけの夫。
背が高くてよく食べる。
お煎餅が大好き。

ゲコ
・ゲコ
近くの川に住む蛙。
よく合いの手を入れる。
留守番もしてくれる。

ポンチン
・ポンチン
もけが実家で飼っているマルチーズ犬。
(本当はふわふわモコモコ。)
一緒に住んでいないが何故か登場する。

※漫画の内容は、事実を元に多少脚色してあります。

blogram投票ボタン
ちょいとblogramというものに参加してみました。
ランキングに絡めて、ブログのみどころや成分を紹介してくれるそうです。
上のバナーをクリックして下さると、投票されて紹介内容が見られます。
下のはブログの記事内容によって、謎の生物が変わるそうです。

最新コメント
カテゴリー
検索フォーム

掲示板

『ハイパー☆掲示板』
ハイパー☆掲示板

ほとばしる思いをぶつける場所☆
(お気楽極楽にお使いください♪)

メールフォーム

建設的な意見大歓迎!
メールはこちらまでどうぞ
(下の画像をクリックするとメールフォームが開きます。)
メールフォーム

※公序良俗に反するもの、各種相談などは受け付け兼ねます。また、必ず返信が出来るとも限りませんので、併せてご了承下さいませ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。