スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ランキングに参加しています→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

昔書いた感覚の話(4)

2009.01.19(21:55)
恒例の(?)診断前に違う場所で書いた感覚の話です。
過去の日記なので、過去の私な訳で、今はちょっと違ってたりすると思うし、前後の話が無いので解りにくいかもしれないけど、面倒だし過去の記録ということでそのまま載せちゃいます(´ε`;)ゞ
もし読もうという方がいらっしゃいましたら、適当に流し読みして下さいませ。

(ここからスタート↓)

最近発達障害の話をよく書いたけれど、私は別に発達障害というカテゴリーに入りたい訳でも、発達障害そのものに特別に興味がある訳でもない。
私が一番興味を持ち、また大切に思っているのは、自分の中の内的世界感覚である。

以前内的感覚の話は書いたことがあるが、私は自分の中に感じる確固とした世界を持っている。
通常、周囲に聞いてもそういうことはあまりないらしく、今までの人生で大体似たような世界(感覚)を共有しているのではないかと思えたのは、大体自閉症などの発達障害の人である。
発達障害以外の人でも感じている人がいるだろうと思うのだが、今のところ現実でも本でもネットでもほとんど巡り会えていない。
(発達障害の人でも、実際に会ったことはなく、本などで知ったのみである。)
ただ、幸いなことに健常(定型発達)の人で、ちょっと似たような感覚を持っている友達(話が通じる人)が一人だけいる。
その人とはある程度話が出来るし、理解し合えるので嬉しい限りなのだが、根本がちょっと違う感じなのだ。

よく分からないが、私はただ単に右脳的能力(これは学術的に正確な記述ではない)が強いのかもしれない。
よくその人とも話していたのだが、頭の中でイメージで捉えたり考えたりするので、言葉よりも、擬音で表現してしまいたくなるのだ。
例えば頭の中で、色や形、音階やリズムで思考が表現されている場合、それらを言葉に変換して言い表すのは非常に困難な作業となる訳だ。
たまにテレパシーではないけれど、宇宙語で話したいと思う時がある。
(『宇宙語』という表現もいかがなものかと思うけれど。)
長嶋茂雄名誉監督がよく擬音を使ったりするのと似ているのであろうか。
(今調べてみたら、長嶋監督がADHDだという説があるらしい。面白いね。)

しかし、私にとって、この独自の世界(感覚)を自己の内部に持っているということは、とても幸せなことだ。
私は自分の中に、明確なる根本的な存在意義を持っているということだ。
私にとって、社会的な名誉や物欲などは、この感覚世界からすれば本質的意味を何も成さないのだ。
この感覚に身を任せ、その世界に入ると、とても幸福であり、気持ちよく、心地良い。
私は、生きる根本的な意義を、そこに見出している。

大体において、皆は何を理由に、何を目指して、何を支えに生きているのだろう。
社会通念的に推測は出来るけれど、私には謎に思える。

生きることは私にとって、存在するだけでとても素晴らしいことに思えるし、また存在することに意味がある訳で、それ以上でもそれ以下でもない。
この今の一瞬を愛しみたいと思う。

ここからは余談であり、うまく表現する自信がないのだが、音楽というものは、この内面から溢れ出す感覚を表現しているのだと思う。
内部に自然に湧き出るこの思い(イメージ)を表出しているのではないか。
音楽は自然に出て来るもので、作ろうとして作り出すものではないのではないか。
分かりにくい表現かもしれないが、『あの世界』を体現しているのではないか。
私は音楽の本質はそういうものだと思っているので、決して否定している訳ではないのだが、自己の内部に溢れ出すものが特にないのに、お金や名誉や好きだからという理由だけで音楽を作っていることへの意義が実はあまりよく理解出来ない。
(もちろん好きでやりたければやっていいのです。これは私の中での問題であり、他の人の問題ではないのだから。)
これは他の芸術にも感じていることなのだけれど・・・。
要は、私はあの世界(表現出来ない)を感じさせてくれる作品が好きなのであろう。
この話は気が向いたらまた今度書きたいと思う。

ちなみに私は発達障害者を地球に住む異星人、また定型発達(健常)者を地球人とするラベル分けは好きではない。
たまにそういう枠組みで分別をしているケースを見かけるが、私は多数か少数かというだけで、皆地球人だと思う。
そういう屁理屈で分けている訳ではないのだろうとは思うけれど。
ただ、私には皆地球人として見えるし、個体差があるだけにしか見えないのだ。
人間、一人一人違うから素晴らしいし、面白いのだと思う。
皆が違う人生を生きていて、違う世界を見て、違うように感じ、考えている。
一人一人が己の世界で生きているのだ。
たとえ発達障害とカテゴライズされようと、その中でもまた一人一人違うのだ。
そして、その世界が何かの機会に交じり合うところで、また面白みが生まれるのだと思う。
当たり前のことだが、例え同じようなタイプに見えたとしても、この世に同じ人間は決していない。
そして、やはりそれはとても素晴らしいことだと思うのだ。

(終わり)

相変わらず長文で、話があちこち飛んでいて分かりにくい文面だよね(汗)
発達障害については、その後色々思うところもあるので、また別の機会に書きたいと思います。
☆ランキングに参加しています→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ

<<人に嫌われても良いのだ | ホームへ | 【対策】遅刻>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://soramimoke.blog65.fc2.com/tb.php/21-53434bca
| ホームへ |
プロフィール

空海もけ(そらみもけ)

Author:空海もけ(そらみもけ)
ADHDの鍼灸師。面倒臭がり屋でふざけるのが大好き。着ぐるみ脱ぎました。
(詳しくはカテゴリーのプロフィール欄を参照。)

もち
・もち
もけの夫。
背が高くてよく食べる。
お煎餅が大好き。

ゲコ
・ゲコ
近くの川に住む蛙。
よく合いの手を入れる。
留守番もしてくれる。

ポンチン
・ポンチン
もけが実家で飼っているマルチーズ犬。
(本当はふわふわモコモコ。)
一緒に住んでいないが何故か登場する。

※漫画の内容は、事実を元に多少脚色してあります。

blogram投票ボタン
ちょいとblogramというものに参加してみました。
ランキングに絡めて、ブログのみどころや成分を紹介してくれるそうです。
上のバナーをクリックして下さると、投票されて紹介内容が見られます。
下のはブログの記事内容によって、謎の生物が変わるそうです。

最新コメント
カテゴリー
検索フォーム

掲示板

『ハイパー☆掲示板』
ハイパー☆掲示板

ほとばしる思いをぶつける場所☆
(お気楽極楽にお使いください♪)

メールフォーム

建設的な意見大歓迎!
メールはこちらまでどうぞ
(下の画像をクリックするとメールフォームが開きます。)
メールフォーム

※公序良俗に反するもの、各種相談などは受け付け兼ねます。また、必ず返信が出来るとも限りませんので、併せてご了承下さいませ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。