スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ランキングに参加しています→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

昔書いた治療の感覚(2)

2009.01.18(14:10)
(1からの続き)

ただ、もちろんこの感覚というのは、あくまでも主観であり、実際にあっているのかどうかは私自身分からない。
でもこれで症状が良くなっていたりするので、いいのかな、とも思う。
感じようとしている訳でもなく、勝手に感じてしまうので、結構今までどう扱っていいものか悩んだのだが・・・。
(これが無視出来ないぐらい感じるのですよ。)

私の母方の祖父も治療家で、手技専門だったのだが、同じような感覚派で、実際に医者から見放されたような患者さんも治して、信者みたいな患者さんがいっぱいいた。
全盛期には、料金は相場ぐらいで、一人で月に300万ぐらい稼いでいたらしい。
逸話がたくさん残っていて、手で触るだけで、病名や余命を当てたりして、ちょっと神がかりっぽい感じのところもあった。
当時まだ子供だった私は、自分が将来治療家になるとは夢にも思わず、胡散臭い目でみていたものだ。
私が治療家を目指した時には、残念ながらもう亡くなってしまっていたんだけれどね。

まぁ、祖父と神社に行ったりすると、「あそこに何々の神様がいる。」とか言い出したりするもんで、そういったものを信じない私にとって、祖父はかなり胡散臭かった訳です。
ちなみに、私はテレビに出てくる霊能力者という方達も信じていないので、なぜあの人達がもてはやされているのか全く分かりません。

私は体というものがあるから、この世界に居る意味があるのだと思うし、あの世とか前世とか来世とかよりも、今存在するこの世界、そしてこの瞬間(現在)に自分が何をどう選択をして生きていくかが大事であり、興味があるからです。
実存主義でいう、「人間とはこの世に投げ出された存在」といった感じだろうか。
まぁ霊がいようがいなかろうが、そのような観点に立つ事は私にとってはどうでもいい事で、それよりももっと大事な事があるという訳です。

話が大分脱線してしまった。
治療をしていて患者さんの体の通りがよくなると、私の手からも、とても気持ちの良い波動が伝わってくる。
もちろん、逆に嫌な感じなのが溜まっている時は、なんともいえない嫌な感じや、ビリビリして手が痛かったり、気持ち悪くなって横になりたくなったり、などもある。

でも、それが治療をして、気持ちの良いものに変わった時に、手や鍼先を通して、私の中にもとても気持ちの良い世界が広がっていく。
それはなんとも形容しがたい感覚だ。
一人の時では味わえない、相手がいるからこそ感じる感覚である。

物凄く気持ち良くて、異次元空間に入ってしまったような感じを受ける時もある。
感覚はその時その時で違っている。

まるでオーケストラの演奏が流れ出すようだと思った時もあるし、パステルカラーの世界に突入してしまったようなイメージだったり、気持ちの良い空間が流れている所を漂っているような感じだったり、どこかへ飛んで行ってしまうような感じになってしまったりする。
実際治療をしていると、患者さんの体が宙に浮いてくる感じを受けたりする。
ちょうどマジックショーで宙に浮いている感じである。

この感覚は、治療をしている時だけに感じる、何物にも代えがたい貴重な感覚だと思う。

治療家の意見として、よく患者さんが喜んでくれるのが嬉しくてこの仕事をしているというのがあるが、確かにそうだと思うけれども、正直に言うと、私は治療の時に受けるこの感覚が、治療をしていて、一番楽しくて面白い。
もちろんこの感覚が全てとは思わないし、理論も大いに大事であって、実際理論のみで治している方達には尊敬の念を抱いているが、これがなくなってしまったら、とても寂しいし、面白みが減るだろうな、と思う。

この感覚は、治療に大いに醍醐味を与えてくれていると思う。

(この感覚の話は、治療家の中でもたぶん少数派で、実際の現場でこういった話をしている人はほとんど見かけないし、この手の話は専門家の間ではちょっとし辛い空気があります。
似たような感じの事を言っている方達はいるのだけれど、私と大体同じような感覚の話をしている方には、ちょっと寂しいのですが今の所は実際にお会いしたことはありません。
みんな怪しい人だと思われるのが嫌で黙っているのか、感じているけど話す程ではないと軽視しているのか、分かりませんが。
まぁ普通は理論を大事にしているのだと思うし、祖父が一番近いのではないかな、と思います。
科学的じゃなくて、ちょっとオカルトちっくな感じだもんね。
でも、東洋医学は元々科学的ともいい難いものなのだけれどね。)

(終わり)

治療時の感覚は、本当に素晴らしい感覚です。
そして、治療中にその感覚に浸れるのは至福の喜びなのです。
(例え妄想や幻覚だとしてもね(笑)←ちなみに普段幻覚や幻聴などはありません。)
ていうか、まぁやっぱ胡散臭い話ですかね・・・(´д`;)
☆ランキングに参加しています→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ

<<【対策】遅刻 | ホームへ | 昔書いた治療の感覚(1)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://soramimoke.blog65.fc2.com/tb.php/19-06edecda
| ホームへ |
プロフィール

空海もけ(そらみもけ)

Author:空海もけ(そらみもけ)
ADHDの鍼灸師。面倒臭がり屋でふざけるのが大好き。着ぐるみ脱ぎました。
(詳しくはカテゴリーのプロフィール欄を参照。)

もち
・もち
もけの夫。
背が高くてよく食べる。
お煎餅が大好き。

ゲコ
・ゲコ
近くの川に住む蛙。
よく合いの手を入れる。
留守番もしてくれる。

ポンチン
・ポンチン
もけが実家で飼っているマルチーズ犬。
(本当はふわふわモコモコ。)
一緒に住んでいないが何故か登場する。

※漫画の内容は、事実を元に多少脚色してあります。

blogram投票ボタン
ちょいとblogramというものに参加してみました。
ランキングに絡めて、ブログのみどころや成分を紹介してくれるそうです。
上のバナーをクリックして下さると、投票されて紹介内容が見られます。
下のはブログの記事内容によって、謎の生物が変わるそうです。

最新コメント
カテゴリー
検索フォーム

掲示板

『ハイパー☆掲示板』
ハイパー☆掲示板

ほとばしる思いをぶつける場所☆
(お気楽極楽にお使いください♪)

メールフォーム

建設的な意見大歓迎!
メールはこちらまでどうぞ
(下の画像をクリックするとメールフォームが開きます。)
メールフォーム

※公序良俗に反するもの、各種相談などは受け付け兼ねます。また、必ず返信が出来るとも限りませんので、併せてご了承下さいませ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。