スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ランキングに参加しています→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ダーク・ファンタジーと偏向報道

2009.04.03(15:34)
前に、兄に、ティム・バートン監督の『ビッグ・フィッシュ』が好きだと話したら、だったらこれも好きなんじゃないかと、『パンズ・ラビリンス』という映画を紹介してくれたので、この間レンタルで借りてきて、一人で見てみた。
(上記のパンズ・ラビリンス公式サイト内、DVD画像下の【予告編】というところで、予告編の映像が見られます。)

『パンズ・ラビリンス』は、2006年のメキシコ・スペイン・アメリカ合作映画。日本公開は2007年10月6日より。監督・脚本はギレルモ・デル・トロ。内戦後のスペインにおける薄幸の少女の物語である。PG-12指定。(Wikipediaより)

事前にYahoo! の映画情報で、評価などを見ていたのだけれど、思っていたよりも、かなり面白かった。
世間では、「ダーク・ファンタジー」などと評されているらしい。
確かに、グロい場面や、残酷な描写が多かった。(ほんと、子供は見てはいけません。)

私は、不幸な展開や、怖い場面などが苦手で、テレビとかを見ていても、見ていられなくてチャンネルを変えてしまったりするのだが、この映画は何故か大丈夫であった。
内容の詳細は省くけれど、最後は、不幸な終わり方だと思う人もいるようであるが、私はハッピーエンドのように思えた。
また、どうやら、少女が現実逃避でファンタジーの世界を妄想しているという見解を抱く人もいるようなのだけど、そうも思わなかった。
まぁ、映画評論のブログではないので、感想はここまでにしておこう。

この映画を見たあと、良い刺激を受けたので、色々な詩が浮かんできた。
書き留めなかったけれど、面白く、心地良かった。

やはり、芸術は、生きる上でなくてはならない存在だと、改めて痛感した。
芸術があるお陰で、生きる意味が大分違ってくるように思うし、それは、私の感覚の世界にも通じている。

うまく言えないけれど、私は、生きる意味を、人とのつながりや、社会での立ち位置に求めてはいない。
だからといって、人や社会をないがしろに思ったり、扱ったりはしない。
私は、人というもの対しては、基本的に、尊厳を持って接するべきだと考えている。

ところで、映画の話とは、全く関係ないのだけれど、パンズ・ラビリンスについて検索していたら、このような動画をたまたま見付けた。
(追記:少し前の話で、知っている人は知っているようだけど、騒音おばさんの裏(?)話です。)



内容については、詳しくは知らないので、現時点では何とも言えないし、単純にどちらが正しいとかいう話でもないのだが、やはりマスコミを頭から信じるのは危険であるとは思った。
詳しく知りたい方は、「騒音おばさんの真実」で検索してみて下さい。
(かなりどうでもいい記憶だけれど、事件が話題になっていた頃に、テレビで見た、インタビューに応える被害者とされる人の服に沢山付いていた小さな毛玉が、妙に頭に焼き付いている。)

マスコミの偏向報道には、本当に頭に来るし、日本国民をアホにしようとしているとしか思えない。
情報操作を意図するものや、低俗でくだらない情報を流し過ぎだと思う。

情報の選択に関しては、本当に注意をしなければならないし、安易に信じてはならないと思う。
常日頃から、何事に対しても(自分にさえも)懐疑的に見る思考癖を身に付けておくことは、大事なことだろう。
ネットの情報網が、社会に対してどのぐらいの影響力を発揮出来るかは分からないが、今後ネット人口は益々増えるであろうし、社会にとってより良い方向へと繋がることを期待したい。

パンズ・ラビリンス 通常版パンズ・ラビリンス 通常版
(2008/03/26)
イバナ・バケロ セルジ・ロペス マリベル・ベルドゥ ダグ・ジョーンズ

商品詳細を見る
☆ランキングに参加しています→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ

<<私の現実世界 | ホームへ | 機能停止>>
コメント
騒音おばさん
「パンズ・ラビリンス」観たよ(*^^)v
スペインの?幻想的な話だったような・・・

「ビックフィッシュ」も見たいと思いつつ、見逃しちゃった^_^;

「騒音おばさんの真実」には、びっくりしたよ!
まさかね・・・真実って、わからないよね・・・
【2009/04/04 19:33】 | きめ | [edit]
>きめちゃん
きめちゃんも「パンズ・ラビリンス」観てたんだねー!
そうそう、舞台はスペインだよ。
映画館で観たのかな。

私「ビッグ・フィッシュ」は映画館で観たんだけど、ほんと良かったよ~。
お勧めデス。

「騒音おばさんの真実」は、知ってる人は知ってるらしいよ。
うちの旦那は知ってたわ。
まぁ真相はよく分かんないけど、報道しだいで解釈が変わっちゃうのが怖いなぁと思うわ~。
【2009/04/05 21:52】 | もけ | [edit]
初めまして。
騒音おばさんの件は、毎日変態新聞への抗議デモに参加した際に初めて知りました。偏向報道によって人間が貶められるのは、そんじょそこらのホラー映画よりも、ずっと怖いですね。(ホラーというよりサスペンスですかね。)
【2009/04/06 19:26】 | 某173 | [edit]
>某173さん
こんにちは。はじめまして。
コメントありがとうございます。

毎日変態新聞の件は、私も大いに立腹をして、毎日新聞へ意見を送りましたが、抗議デモがあったことは知りませんでした。
つい最近は、朝日新聞社員による2ちゃんねるへの差別表現の書き込みなどがありましたけど、朝日も、毎日も、なんだかな・・・といった感じです。
この二社の新聞は絶対取らないぞー!

しかし、偏向報道の被害者は、後を絶たないですよね。
マスコミの問題はもちろん大きいのですが、受け手側も賢くならなくてはならないと思います。
どうにも視聴者が舐められてるとしか思えません・・・。
【2009/04/07 13:07】 | もけ | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://soramimoke.blog65.fc2.com/tb.php/102-c0cf8825
| ホームへ |
プロフィール

空海もけ(そらみもけ)

Author:空海もけ(そらみもけ)
ADHDの鍼灸師。面倒臭がり屋でふざけるのが大好き。着ぐるみ脱ぎました。
(詳しくはカテゴリーのプロフィール欄を参照。)

もち
・もち
もけの夫。
背が高くてよく食べる。
お煎餅が大好き。

ゲコ
・ゲコ
近くの川に住む蛙。
よく合いの手を入れる。
留守番もしてくれる。

ポンチン
・ポンチン
もけが実家で飼っているマルチーズ犬。
(本当はふわふわモコモコ。)
一緒に住んでいないが何故か登場する。

※漫画の内容は、事実を元に多少脚色してあります。

blogram投票ボタン
ちょいとblogramというものに参加してみました。
ランキングに絡めて、ブログのみどころや成分を紹介してくれるそうです。
上のバナーをクリックして下さると、投票されて紹介内容が見られます。
下のはブログの記事内容によって、謎の生物が変わるそうです。

最新コメント
カテゴリー
検索フォーム

掲示板

『ハイパー☆掲示板』
ハイパー☆掲示板

ほとばしる思いをぶつける場所☆
(お気楽極楽にお使いください♪)

メールフォーム

建設的な意見大歓迎!
メールはこちらまでどうぞ
(下の画像をクリックするとメールフォームが開きます。)
メールフォーム

※公序良俗に反するもの、各種相談などは受け付け兼ねます。また、必ず返信が出来るとも限りませんので、併せてご了承下さいませ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。